スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すでにブランド?鎌倉野菜

Category : オーガニックなものたち
先週土曜日、久々に鎌倉へ散歩に行ってきました。

今回の目的は、覚園寺。

その覚園寺に行く途中、バスの終点で降りると目の前に鎌倉宮があります。

そこの横を通りかかった時、鎌倉野菜即売所の出店がありました。

何気なく近づいて見てみると、無農薬有機栽培とあるではないですかっおぉ~。
PAP_3883.jpg
お店の方に許可をもらって写真を撮らせていただきました

おしゃれに並べられた野菜達。鎌倉野菜のブランドの袋に入ってます。

若い(30代前後?)カップルが販売しているだけあって売り方もセンスがいいんです。
若いっていいですね~。

虫食いのあとがある、活きのいい野菜。

これはもう買わずにはいられません。しかもどれも100~200円ととってもお安いんです。

赤く小さい大根に、ルッコラ、葉が紫のもの、小松菜とチンゲンサイの合いの子野菜、エシャロットなど買いましたよ~
PAP_3879.jpg
売ってあるもの全種類買いたかったのですが、これからお寺へも行く予定だったので軽いものだけ。

一番右のお野菜はみそ汁に入れると美味しいなど教えて頂きました。

野菜の土を洗っていて思ったのですが、この野菜達とっても手入れが行き届いて美しい野菜達なんです。

無農薬野菜の虫食いは当たり前ですが、時々毛虫がいたり、糞がついてたりするのですが、まったくなし!

枯れた部分のゴミも一切ついていなく丁寧に管理されてました。

しかも、とっても美味しい
CA393893.jpg
サラダとみそ汁にして頂きました。

エシャロットは浅漬けにしてます。鰹節と食べるとおいしいんです

次回、鎌倉宮での販売は、5月5、6日にするそうですよ。

また同じ方から買いたいなぁ。


ちなみに、鎌倉駅近くの即売所でも鎌倉野菜は売っていますよ~。


よければポチっとお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
スポンサーサイト

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

Comment

Re: タイトルなし

ぱぴにゃんさん

教えて頂きありがとうございますe-446
からし菜っていうんですね。
スーパーに出回っていないお野菜でこんなにおいしいものがあるんですね。
あまりに美味しかったので、5日にまた鎌倉に買いに行こうかと主人と話してるんです。
うんうん、からしのようにピリッと辛くて風味の良い葉物ですね。

あ、ピリッと辛いのでしたら、からし菜です。
一般的には緑色のがあります。
カラシのように辛いからこういう名前がついたんでしょうね^^

ぱぴにゃんさん

紫色の葉野菜はからし菜というのですか?
実は舞い上がってあれもこれもと買っていたので名前を聞くの忘れてしまいました(^^;)
ルッコラのように少しピリッとしてサラダにしたらとても美味しかったです

紫のは 紫色のからし菜かな? 
ウチにも植えてますよ~^^

美味しそうなお野菜たくさん、良かったですねe-415

Re: タイトルなし

ひかりさん

あはは…みそ汁に野菜多すぎですよね~。
子供の頃より母に野菜を沢山食べなさいと躾けされていたので、いつもこんな感じなんです。
鎌倉野菜は遠くからシェフが買いに来るだけあって味があって美味しいです。
行く度に鎌倉野菜を買ってましたが、今回のが一番美味しかったんです^^
赤いのは、ラディッシュにも似てますよねe-454
バーニャカウダにして食べようかな~と思ってます。

ほんとっすごくおいしそう~♪
お味噌汁にたっぷりのお野菜とサラダ!
見ただけでまたお腹すいてきました~(笑)
赤いのは大根なんですね。
一瞬カブかと思いました(@@)ノ
非公開コメント

vermilion*

vermilion*

夫婦と猫とで暮らす、主人と猫とお酒とハーブをこよなく愛す働く主婦(vermilion*)。
愛猫のこと、ベランダのミニガーデニングのこと、お酒のこと、見つけた美味しいものやお店、時々散歩に出かける鎌倉のことを綴ってます。最近は山梨への旅行がお気に入り。


Author:vermilion*

カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
**ほしい雑貨**










メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。